• ׂ
  • OguO
  • uO
  • ouO

山口に建てる等身大のお家

2017年 11月 4日  F様邸(山口市))

 

胴縁


 

胴縁とは、透湿防水シートの上に縦方向に貼られた木材のことで、この上に外壁材を貼っていきます!

シートと外壁材の間の胴縁の厚みが通気層となり、壁の中の空気の流れをつくってくれます。

 

筋交い


柱の間に渡されている筋交いが確認できますね。

筋交いとは、建物が地震や風などで倒れたりしないように、柱と柱との間に部材を斜めに入れて、耐震性を強めるための最も基本的な手法です。